合格者の喜びの声

広島大学医学部保健学科合格
愛媛県立松山西中等教育学校卒/Y.Nさん

私は、以前通っていた塾の先生の勧めで、高2の初めからリンデンに通うようになりました。
2年生の頃はそれぞれの教科で主に基礎固めの授業を受けました。授業で改めて内容を確認することで、曖昧な知識や記憶に早めに気づき、長期的な受験対策を立てられました。私は部活が忙しい方ではなかったので、指定された授業にはほとんど出席しました。また、学校の考査では塾でもらった過去問や教科書問題をきっちり解き、理解することで確実に点を取ることができました。考査には真面目に取り組みたかったので、考査発表以降は毎日塾で10時まで自習し、土日は昼から夜までずっと自習室にこもっていました。

3年生になると、授業もセンター試験、二次試験対策にシフトしました。決められた時間の中で過去問を解く作業を繰り返すことで、いい緊張感の中、毎回テストを受けているような感覚で集中して授業に取り組めました。また、時間配分なども体で覚えられます。授業の内容に関していうと、先生方はその問題についての知識に限らず、全般的な知識の底上げや難しい問題に出会った時の対処法など、様々なことを教えてくださり非常に役立ちました。

センター試験本番は、緊張しているつもりはなかったのですが、結果を見るとやはりかなり緊張していたのだと思います。普段ならできるはずの問題を取りこぼし、採点をしていたときにとても悔しい思いをしたのを覚えています。
二次試験までの1ヶ月間は精神的にしんどかったです。私は文型だったので周りの友達は二次試験が面接や小論だったり、配点が低い人も多く、一緒に勉強する友達もだんだん減り、少なからず寂しく感じる部分がありました。でも、リンデンでは私と同じように二次試験に全力を注ぐ人が多かったので、毎日塾に来ている様子に勝手に励まされ、刺激を受けていました。そして毎週、二次試験対策の授業を受けながら個別指導も受講しました。私は国語が現代文だけだったので、時間を計って赤本の一年分を解き採点と解説をしていただく、というスタイルを続けました。また英語では英作文の添削もお願いしました。このような個人指導は学校では難しい面もあるので、塾の個別指導が本当に役立ちました。
二次試験本番は、センター試験より緊張しました。でも、ここまで来たら全力でやるしかないな、と気持ちを明るく持って、そこではじめて、支えてくれた人のためにも合格したいと強く思いました。その結果、試験自体は意外と落ち着いて問題を解くことができました。

受験が終わってみて今思うことは、第一志望を堅持し最後までやり通してよかったということ、そして学校と塾を両立してきてよかった、ということです。本当にリンデンにはお世話になりました。設備も充実しており、暖かいホームのような感覚があり、居心地がよかったです。また、三好豊弘先生が試験の前に繰り返しおっしゃっていた、「問題に教えていただく」という言葉がとても印象的です。試験の最中もその言葉を思い出して問題と真摯に向き合ったことが私の受験の勝因なのではないか、と勝手に思っています。
先生方、2年間本当にお世話になりました。
受験生の皆さん、辛い1年間になるとは思いますが、リンデンにいい意味で頼り、志望校合格を目指してください。

 

(2014年3月合格)

生徒募集状況

中1 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中2 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中3 募集中です。
高1 募集中です。
高2 募集中です。
高3 今年度の募集は終了しました。
(2018/4/8)
本科 今年度の募集は終了しました。
(2018/3/23)

アクセス

伊予鉄「松山市駅」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「松山市駅前」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「南堀端」で下車
→ 徒歩約2分

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-12 ムカイビル3F

Copyright(c) Lindenbaum-schule Allright reserved.