合格者の喜びの声

九州大学工学部物質科学工学科
松山東高等学校/S・Yさん

 私がリンデンバームシューレが良いと思う点が3つあります。それは、「オールライブ授業」、「設備、立地の充実」、そして「演習の多さ」です。
 まず1つ目のライブ授業ですが、この仕組みのおかげで講義中に生じた疑問を直ぐに先生にぶつけることができます。先生達は私たちが質問をしても嫌な顔を全くせず、時間があればその場で一緒に考えてくださり、少し忙しくてもその日中や翌日に返答をくださりました。仮にライブ授業でなく映像授業であれば、このスピード感を出すことが難しいと感じます。先生方の対応は前述の通りですので、授業中や自習中に少し気になる点があれば気兼ねなく質問できる環境は、勉強をする者にとって大変恵まれていると思います。
 次に設備の充実です。自習や授業を終え少し疲れたなと感じると、まるでカフェのような休憩室で休むことができます。少しお腹が空いたなと感じたら、日替わりメニューのご飯が食べられますし、糖分が足りないとなれば飴も置いてあります。勉強に少し行き詰って気分転換がしたいと感じれば、休憩室に居る私たちと年齢の近いバイトの方々や居合わせた先生と話したりできます。私が1番お世話になったのは、お茶や水、コーヒーなど飲み物が置いてあることです。ご飯が出ることに比べたらあまり驚かないかもしれません。しかし、わざわざ自宅から飲み物を持参しなくてよく、眠気覚ましのカフェイン摂取のためのコーヒーが置いてあることは、長く塾に通う中で非常に助かりました。市駅のそばなのでコンビニや本屋も近く、勉強だけに集中するには絶好の環境が揃っていると感じます。
 最後は、演習の多さです。少なくとも私が取っていた授業は、演習→解説の流れがほとんどでした。本を読んで知識をたくさん蓄えることの素晴らしさに疑いの余地は全くありません。しかし、「テストで勝つ」、要は、周りよりも高い点を取って合格するには、その知識を持っているだけでなく、それらを自在に操れなければなりません。いくら質の良い鉄を使って名の知れた刀鍛冶の打った刀を持っていたとしても、刀の握り方が分からなければ戦には勝てません。リンデンの授業では、刀を実際に振ってみて、その振り方が間違っていれば先生方が正しい振り方を教えてくださるといったイメージだと思います。
 ここまで読んでくださった方はお気づきかもしれませんが、「講師の方々との近さ」もリンデンの長所です。塾長はもちろん、各先生方が勉強だけでなく生活の相談にも乗ってくださります。実際に、私自身、勉強を無心で続けられるタイプではなかったので、モチベーションの維持に関して非常にお世話になりました。
 これから受験を控える皆さん。先をしっかり見た選択をし、後から考えて後悔の残らない決断をする必要があります。それは早ければ早いほど良いです。もちろん他の塾や予備校の選択肢もたくさんありますが、後悔ない選択のために一度このリンデンを訪れてみてください。

生徒募集状況

中1 募集中です。
中2 募集中です。
中3 募集中です。
高1 募集中です。
高2 募集中です。
高3 定員間近です。
(2021.4.14)
本科 まもなく本年度の募集を終了します。
(2021.3.25)

アクセス

伊予鉄「松山市駅」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「松山市駅前」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「南堀端」で下車
→ 徒歩約2分

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-12 ムカイビル3F

Copyright(c) Lindenbaum-schule Allright reserved.