合格者の喜びの声

大阪教育大学教育学部教養学科
愛媛県立松山南高校/E.Aさん

私がリンデンバームシューレに入ろうと決めたのは、2年生の1学期半ばの頃でした。それまでの私の成績は、「なんで南高に入れたの?」と言われるほどひどいものでした。学校の授業では居眠りをし、家庭学習は皆無、テスト期間は遊べる期間だと思っている…そんな生活では、当たり前の結果です。特に苦手な数学は、2年生になっても模試で学年最下位を争うような有り様でした。

そんな私に転機が訪れます。1年生の頃は「愛大くらいなら誰でも行ける」とタカをくくっていた私は、学年集会の進路指導でセンター試験の厳しさを知らされたのでした。5教科7科目のテストで7割以上は点を取らなければ国公立には行けない。加えて、私は吹奏楽部に所属しており、毎年の夏休みを部活に捧げていました。「間に合わない!」そう感じて良い塾を探し始めたとき、リンデンの広告を受け取って、体験希望の電話をかけたのでした。

私にとって初めての塾でしたが、少人数での授業と自分で予約する個別指導は数学をイチから教えてもらうのにピッタリでしたし、自由に使える自習室も快適で、無理なく通い続けることができました。また、休憩時間やちょっとした空き時間には仲間とおもしろおかしい会話を繰り広げ、そして励まし合ったおかげで、ふさぎ込むこともなく勉強に打ち込むことができました。

そんな日々を送っていた2年生の秋頃、部活内では吹奏楽コンクールの全国大会への憧れが強まっていました。全国大会まで進むと夏休みはおろか、秋の中頃まで部活に打ち込むことになります。しかし、高校生活最後の部活で大きな成果を残したい。そんなアンビバレントな状態が、勉強へのモチベーションをさらに高めました。「部活も勉強も人の倍、頑張ればいい」

それからは、電車内やテレビのCMの間に単語帳を見たり、3年生に混じって夜10時すぎまで自習室で勉強したりと、自分なりの努力をしながら3年生に進級しました。そして放課後や休日は部活に打ち込み、迎えた夏休み。南高吹奏楽部は、見事吹奏楽コンクール四国支部大会まで出場できました。悔しくも全国大会には届かなかったものの、皆で頑張ったことは、とても良い思い出です。

その後、8月末までを部活に捧げた私は、余韻に浸る暇もなく気持ちを切り替え、毎日、塾に通い続けました。苦手な数学がいつまで経っても目標点に届かず、もう無理だと思う時もありました。でも諦めず、先生の指導を受け勉強法も実行し、がむしゃらに問題を解き続けて迎えたセンター試験。そして、二次試験対策の、三好先生の小論文指導。的確に問題点を指摘していただきながら、毎日ひたすら書き続けました。

どの勉強も無理はせず、しかし、そのとき出せる全力で。

その結果、無理だと言われていた第一志望校に晴れて合格することができました。本当に、リンデンに入って良かったと思います。支えてくれる先生や仲間、自分に合った指導が、私を最後まで頑張らせてくれました。ありがとう、リンデン~!!

(2012年3月合格)

生徒募集状況

中1 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中2 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中3 募集中です。
高1 募集中です。
高2 募集中です。
高3 今年度の募集は終了しました。
(2018/4/8)
本科 今年度の募集は終了しました。
(2018/3/23)

アクセス

伊予鉄「松山市駅」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「松山市駅前」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「南堀端」で下車
→ 徒歩約2分

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-12 ムカイビル3F

Copyright(c) Lindenbaum-schule Allright reserved.