合格者の喜びの声

首都大学東京都市教養学部・明治大学政治経済学部・中央大学商学部
愛媛県立松山東高校/M.Hさん

「センターで点を取らなければ志望校を受験することさえできない」
この事実が、私の受験を通して得た一番の教訓です。受験生にとって、この事実はあまりにも残酷なものですが、リンデンはこれを見据えた指導をしてくれていたのだな、と受験を終えた今、改めて感じます。

私が入塾をしたのは高2の始めでした。吹奏楽部の練習も忙しく思うように学習時間も確保できない中で、当初は日々の課題・予習に不足なく取り組めればいいという意識でした。しかし、夜の授業の時間には、学校の授業進度に合わせた手厚い基礎固め、また当時はあまり意識していなかったセンター対策の授業、二次力をつけるような記述型の授業を並行して受けていく中で、意識しない内にゆったりとした気持ちで受験に向けたスタートを切っていました。

3年生になると、センターと二次対策の2つの授業を集中的に受講するようになり、いよいよ本格的な受験へのカウントダウンが始まりました。その中で、国立受験においてセンターの点数の占める割合がいかに大きいかを実感し、志望校は二転三転しました。また、夏の大会を目指して部活の練習も佳境に入り、理想的な学習時間の確保も難しい状況でした。しかし、迷っている中でも塾の授業を受ける度にリンデンならではの、センターの問題を扱うコツやテクニックを身につけ、少しずつ自分の力にしていくことができました。センター試験の直前期に、誰もが顔を青冷め緊張している中で「自分は周りの受験生の誰よりも多くマークシートを埋める練習をした」という自信を持てたのは、3年生になる前から計画的にセンターの問題に触れさせ、長期に渡る丁寧なセンター対策をしてくれたリンデンのおかげです。

私は二次試験を終えるまでずっと国公立志望であり、それに合った対策をしてきましたが、その甲斐もあり、センター利用で私立大に合格し、また国公立にも合格することができました。これから受験を迎える皆さんの中にも、私のように志望校が早い時期から明確に定まっていない方がいるかもしれませんが、1、2年時に培った力は志望校を決めるときの自分を助けてくれます。ですから皆さんにも、早期からの計画的な学習を志してほしいです。志望校は決まったが、それに必要な学力養成は間に合わなかったというのでは残念すぎます。

最後に、リンデンの1番の魅力は先生方の個性が豊かで、面白いことです。私はいつも笑わせてもらいました。皆さんも、計画的な勉強を進めていくと共に、リンデンで楽しく鮮やかな高校生活を送ってみませんか。

(2013年3月合格)

生徒募集状況

中1 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中2 ハイレヴェル個別リンデンバームパールにお問合せください。
中3 募集中です。
高1 募集中です。
高2 募集中です。
高3 今年度の募集は終了しました。
(2018/4/8)
本科 今年度の募集は終了しました。
(2018/3/23)

アクセス

伊予鉄「松山市駅」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「松山市駅前」で下車
→ 徒歩約2分
市内電車「南堀端」で下車
→ 徒歩約2分

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-12 ムカイビル3F

Copyright(c) Lindenbaum-schule Allright reserved.